<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

28日の3.11以後の日本と社会デザイン 第2回 講演会

28日第2回 講演会
250人以上の参加者の方々にご来場いただき、感謝しております。
講演会と我が研究科のオールスター的な教授の討論会、とても、素晴らしかったです。
21世紀社会デザイン研究科の学生として、時代を厳しい目で見定めて生きたいと思います。

関西学院大学の室崎益輝教授の講演会では、震災・復興・自覚を持つ必要性を感じました。
そして、衝撃的でした。
『都市直下型地震が30年以内に起こる。・・・
国挙げ支える「社会力」不可欠している。・・・
社会デザインとは、みんなの声を聞いて、絵を描いていくことである。・・・・・
アメニティ(心地よさ、快適さ、快適性、楽に暮らすために必要なものが整い、整備されていること、生活を便利で、楽しくするもの、恩恵、特典を追加しうるものであり、そうした設備、快適もしくは適度な自然環境・社会環境)+コミュニティ+サスティナビリティ持続可能性。が大切である。・・・・』
と先生は、おっしゃっていました。
懇親会で、室崎益輝教授とお話させていただきました。
以前、杉並区で先生の講演会をしていただきました。

我々は、小さな人間ですが、自分のできる事を粛々と続けていくことが重要だと思いました。
ボランティアをさせていただき、本当に勉強になりました。
e0204745_14264383.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-30 07:09 | 講演会

NPO中間支援のインタビュー

昨日、修士論文のインタビューのため、NPO中間支援団体の事務長さんにお会いしました。
辻事務長様は、私の主査・副査教授とも、お知り合いと言うことがわかり、びっくりしました。
まちぽっと
NPOについては、もとより、英国のまちづくりについても、2時間以上、お話してくださり、感謝しております。
今後とも、よろしくお願いいたします。
e0204745_13561421.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-27 07:47 | 大学院

荻窪ハーモニーまつり 東日本大震災・チャリティバザー

つながる ひろがる♪
荻窪ハーモニーまつり
6月11日(土)・12日(日)午前10時30分~午後3時
おまつりでは、東日本大震災の募金活動・チャリティバザーなどを行います。
あんさんぶる荻窪会場

11日(土)
● 開会式 都立農芸高校「和太鼓演奏」午前10時15分
● 母親クラブ三色すみれ「人形劇:地下の国のティーパーティー」ほか 午前11時~正午
● ヴィレッジセブン「キラキラコンサート」午後2時~3時
● 遊びの広場 午前11時~午後3時
・森のつみ木広場 
  内容 ヒノキの香りの中、遊びながら森の大切さを学ぶ
・昔遊びを体験しよう! 
  内容 割りばし鉄砲・玉すだれ・こま回し・けん玉・ぶんぶんゴマ・お手玉など
12日(日)
●「ラテンのひろば」コンサート 正午~午後3時
  内容 タンゴ・フォルクローレ・キューバ&メキシコ音楽・アルパ・ボサノバ

<展示・販売など> ~体験しよう・作ってみよう~
◇両日開催
● 日本の食を考える「すぎなみ消費生活展」
e0204745_933212.jpg● 杉並発!地球の環境を考える「環境団体展」
● パン・焼き菓子の販売
● 手作り工芸品の販売
● チャリティバザー&喫茶
● おまつり屋台村
 やきそば・フランクフルト・かき氷・うどん・わた菓子・ヨーヨーつり・スーパーボールすくい
◇11日(土)
● 都立農芸高校物産販売
◇12日(日)
● 地場野菜や花の販売会

※私は、12日に参加しています。 お出かけくださいませ。
[PR]
by nene3123 | 2011-05-19 21:30 | 杉並区

震災チャリティーコンサート

e0204745_131454.gif
私が理事をしている会のチャリティーコンサートとバザーのお知らせです。
会員のみのお知らせなので、非公開です。

チャリティーコンサートとミニ・バザー
 東日本大震災のニュースに心を痛めている間にも、いつしか新緑の季節を迎えました。皆さまも様々なご支援をなさったことでございましょう。
この度、ささやかですが復興のお力になれたらと、チャリティーコンサートとミニバザーを計画いたしました。
演奏は春のお茶会でご案内したLa Museのお二人が全面的に協力してくださいます。
バザーは会員皆様からのご提供の品で相互にお買い物を楽しむ企画でございます。
当日の会費とバザー売上げ金の全額を、災害復興援助金として寄付させて頂きます。
皆様の温かいご協力を心よりお願い申し上げます。

                 記
日 時   2011年6月14日(火曜日)午後2時~4時
場 所   〇〇大使館4F

ささやかですが、私達の企画を紹介させていただきました。
037.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-14 12:57 | 震災

南アフリカ帰りのお友達

e0204745_12592941.gif彼女は、南アフリカに8年間ご主人と一緒に赴任していました。
若い時にも赴任していたので通算すると16年滞在していたそうです。
(もちろん、彼女が一時帰国のたびにあっていましたし、メールで連絡を取っていました。)
昨年春に転勤で帰国してからは、毎月、ランチを一緒にしています。
20年来の大親友で、本当に感謝しています。

彼女からは、ご夫婦で世界中を回られているので、本当に興味深いお話が伺えます。
南アフリカの難民のお話も興味深いです。
ちなみに、彼女のご主人は、〇〇商事の役員をされています。
彼女と私が知り合ったときには、お互いの夫は課長でしたが・・・。

彼女のご夫婦おかげで、私と娘は、10年前に南アフリカに10日間滞在させていただきました。
支店長としていらしていたので、特別待遇の接待を受けさせていただきました。
娘同士は、同じ大学の外国学部フランス語学科の先輩と後輩です。

今、我々は、震災チャリティーの企画や参加を話し合っています。
また、チャリティーの情報をブログに書きたいと思います。e0204745_12584938.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-13 12:00 | 友達

3.11以後の日本と社会デザイン 第2回 のお知らせ

ホームページより
シリーズ  3.11以後の日本と社会デザイン 第2回 のお知らせ
復興を考える前に
  ~シリーズ 3.11以後の日本と社会デザイン 第2回
主催:21世紀社会デザイン研究学会
   立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
   立教大学社会デザイン研究所
日時: 2011年5月28日(土) 14:15-18:10
場所:»立教大学14号館 D201教室
※受講無料、申込不要

趣旨:東日本大震災は、私たちが生まれ、育み、生活を営んできた日本の国土と社会、人間の関係に大きな変容を迫る未曽有の惨事といえましょう。地震津波の猛威を前にしての茫然自失、そしていつ終わるのか予想もつかない原発事故の恐怖を思えば、復興を考えることがいかに困難な業であるか自問自答せざるをえません。とはいえ、世界の文明史を振り返るならば、復興と再建は人間の宿命です。復興はかならずなされるでしょう。しかし、どのような復興なのか。今回の講演会においては、復興再建を考える前に私たちが思いを馳せ、考えをめぐらさなければならない事柄について、議論を深めたいと思います。第1部においては、防災、地域計画の専門家であるばかりでなく、社会のあり方、人々のつながりについても高い識見をもつ室崎益輝氏に講演をしていただき、その後第2部において、「社会デザイン」の観点から、パネラーによるディスカッションを実施する予定です。

プログラム:
<第1部> 14:20~ 基調講演 
 講師:室崎益輝
  (関西学院大学総合政策学部教授、日本災害復興学会会長)

<第2部> 16:40~ パネル討論
パネリスト:
  川村仁弘(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
  北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授、本学会会長)
  中村陽一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
司会:
  笠原清志(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
◆ 懇親会のご案内
日時:2011年5月28日(土)18:30~
場所:»立教大学ウィリアムズホール(カフェテリア山小屋)
会費:3000円


私は、当日、受付のお手伝いをします。
[PR]
by nene3123 | 2011-05-12 05:46 | 大学院

南相馬市支援チャリティーバザー②

杉並区役所のホームページより
南相馬市支援チャリティーバザー実行委員会では、福島県南相馬市へのさらなる支援を行うため、
5月29日(日曜)に柏の宮公園(浜田山2丁目5番1号)で
「第2回南相馬市支援チャリティーバザー」を開催します。
バザー開催に伴い、区民の皆さんから販売のための物品寄付を受け付けます。
皆さんのご協力をお願いします。

◆受付物品
新品・未使用で箱に入った贈答品など
(例)タオル、シーツ、せっけん、食器セット、生活雑貨など
※受付できないもの=食料品、飲み物、家具、衣類、布団類、家電類

◆受付日時・場所
○高井戸保健センター(高井戸東3丁目20番3号)
5月21日(土曜)、5月22日(日曜)午前10時から午後3時

○杉並中継所(井草4丁目15番18号〔井草森公園の北西角〕)
5月21日(土曜)から5月23日(月曜)午前10時から午後3時

【問合せ先】保健福祉部管理課地域福祉係(電話03-3312-2111)

■バザーボランティアを募集します
物品の受け付け・仕分け・値段付け・バザー当日の販売員などのボランティアの募集をします。

【申込み】電話で、杉並区社会福祉協議会杉並ボランティア・地域福祉推進センター(電話03-5347-3939)までお申込み下さい。

・杉並区社会福祉協議会杉並ボランティア・地域福祉推進センターホームページ
【問合せ先】杉並区社会福祉協議会杉並ボランティア・地域福祉推進センター(電話03-5347-3939)

当日、私もボランティアいたします。
e0204745_1362076.gif

[PR]
by nene3123 | 2011-05-11 07:07 | 震災

端午の節句と母の日

067.gif孫の初端午の節句・母の日・夫の誕生日・私の母の誕生日
お祝い事のオンパレードの一日でした。

私の息子夫婦が、お祝い会を開催してくれました。
まず、レストランでランチのご馳走と御寿司のケーキに78歳になった私の母が投入!!!
そのあと、息子夫婦の自宅で、孫の端午の節句・母の日・夫の誕生日・私の母の誕生日のケーキを皆でいただきました。

024.gif私の母への誕生日プレゼントは、フォトアルバム(写真入)
主人への誕生日プレゼントは、車用のサンダル
私への母の日のプレゼントは、ハーブティーカップ
です。

5ヵ月になった孫の端午の節句に五月人形と鯉のぼりも飾りました。

e0204745_14133626.jpg本当に思い出に残る一日になりました。
067.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-08 22:58 | 家族

憲法週間講演会

5/7に憲法週間の人権講演会に出席してきました。
元日本テレビのアナウンサー藪本雅子さんのお話でした。

とっても、興味深いものでした。
彼女の著書『女子アナ失格』に書かれているものもありましたが、
内容の一部が、彼女のブログに書かれていしたので、下記に引用します。

『阪神大震災を取材しておきながら、その後、震災取材をやめてしまった後悔。
ライフワークにするぞっと一時期は思っていたが、たった2年で続報企画をやめてしまった。
阪神を教訓に、もっとやれることがたくさんあったはずだ。
国の耐震基準はどうなっているのか、津波対策は、原発は・・・・。
「想定外」発言を責めるけれども、報道記者も、想定などしていない。
一部の学者や、環境市民団体らが、危険性はたびたび指摘してきた。
でも、その意見に耳を傾ける姿勢はなかった。
原発問題はタブーだったといえる。
大スポンサーだし、それで生活している人たち大勢いるし、危険分子とみなされるし、社内でトラブルメーカーになっちゃうし。
反対すると、お前もそれで便利な生活送ってるんだろうと言われちゃうと、反論できないし。
正面からこの問題を考えようとするには、面倒くさいことが山のようにあるのだ。
だから、見ないことにしてきた。
でも、本当は、ちゃんと議論しなきゃならなかった。
これがなければ、本当に困るのか、そこをもっと考えなきゃいけなかった。
結局、お金と引き換えに、危ないものを背負わせてしまった。
絶対安全というなら、東京湾に建設すればよかったものを、
そうしなかったのは、みんなどこかで危ないと知っていたからじゃなかったか。
東電が悪い、のはそのとおりだが、
メディアにいた、私たちは一体何をしてきたのだろうか。
神戸の震災に学んだものも確かにあった。
しかし、もっと大事なことに目をつぶってきた。
被害を大きくしてしまった責任の一端を自覚しなきゃいけないんだろうと思う。
いろんな部分が、ハンセン病の反省、教訓と重なる。
触れない、ことは現状を容認していること。
気がつかないうちに、人権侵害の加害者になっているともいえる。
おかしいと思ったら、動く。
一緒にがんばろうと思う、今の気持ちをみんなが忘れないこと。
何年たっても、忘れないこと。
そんな自分の思いを、話す場を与えられたことに感謝。』

もう一度、我々もマスコミの報道を受ける側の責任を果たす必要があると感じました。
034.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-05-07 21:35 | 講演会

茅ケ崎 厳島神社

茅ケ崎 厳島神社が息子夫婦のマンションのすぐそばにあります。
先日、散歩の時におまいりして、とっても神聖な気持ちになりました。
宮島の厳島神社が大好きで、何度も参拝させていただいていています。
そして、今回、茅ケ崎厳島神社が宮島の厳島神社の系列と伺い、胸がドキドキしました。
また、参拝させていただきたいと思います。

e0204745_14243211.jpg
[PR]
by nene3123 | 2011-05-05 22:21 | 神社