カテゴリ:杉並区( 9 )

放射能測定


058.gif
今週から、杉並区の保育園の園庭の放射能を測定しています。
私は、記録係として、医師と一緒に測定しました。

毎日、輪番制で、測定しています。
結果は、ホームページに掲載されています。
058.gif
暑いですが、がんばっています。
042.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-07-08 22:20 | 杉並区

☆荻窪ハーモニーまつり開催しました☆

◎荻窪ハーモニーまつり大盛況でした。◎
環境情報館の登録団体・消費者センターの団体・町会の皆様が実行委員会を作って開催したおまつりです。
環境・消費者の目線でいろいろな出展がされていました。

11日は、午前中があいにくの雨でしたが、午後はお天気も回復しました。
12日は、晴天に恵まれ、入場にお並びいただくほどでした。

東日本大震災の募金活動・チャリティバザーと募金活動も、行われました。
義援金の金額は、後日、報告されます。
多くの方のご協力ありがとうございました。

また、我々のブースの健康チェックには、132名の方が参加くださいました。
参加者のほとんどの方とお話できました。
ご協力を感謝いたします。

皆様、ありがとうございました。
024.gif
[PR]
by nene3123 | 2011-06-12 22:31 | 杉並区

荻窪ハーモニーまつり 東日本大震災・チャリティバザー

つながる ひろがる♪
荻窪ハーモニーまつり
6月11日(土)・12日(日)午前10時30分~午後3時
おまつりでは、東日本大震災の募金活動・チャリティバザーなどを行います。
あんさんぶる荻窪会場

11日(土)
● 開会式 都立農芸高校「和太鼓演奏」午前10時15分
● 母親クラブ三色すみれ「人形劇:地下の国のティーパーティー」ほか 午前11時~正午
● ヴィレッジセブン「キラキラコンサート」午後2時~3時
● 遊びの広場 午前11時~午後3時
・森のつみ木広場 
  内容 ヒノキの香りの中、遊びながら森の大切さを学ぶ
・昔遊びを体験しよう! 
  内容 割りばし鉄砲・玉すだれ・こま回し・けん玉・ぶんぶんゴマ・お手玉など
12日(日)
●「ラテンのひろば」コンサート 正午~午後3時
  内容 タンゴ・フォルクローレ・キューバ&メキシコ音楽・アルパ・ボサノバ

<展示・販売など> ~体験しよう・作ってみよう~
◇両日開催
● 日本の食を考える「すぎなみ消費生活展」
e0204745_933212.jpg● 杉並発!地球の環境を考える「環境団体展」
● パン・焼き菓子の販売
● 手作り工芸品の販売
● チャリティバザー&喫茶
● おまつり屋台村
 やきそば・フランクフルト・かき氷・うどん・わた菓子・ヨーヨーつり・スーパーボールすくい
◇11日(土)
● 都立農芸高校物産販売
◇12日(日)
● 地場野菜や花の販売会

※私は、12日に参加しています。 お出かけくださいませ。
[PR]
by nene3123 | 2011-05-19 21:30 | 杉並区

不妊治療相談

6月から杉並区では、不妊治療相談がはじまります。
先日、研修があり、現在の不妊治療の現状について教えていただきました。
生命の神秘と科学の進歩の中で、いろいろ考えさせられてしまいました。
[PR]
by nene3123 | 2011-04-26 19:10 | 杉並区

地震の支援について

皆さんの善意が、間違った情報に惑わされしまっている事があります。
皆さんで気をつけましょう。

東京都も各区も、公的に支援の専門医療班や物資の輸送を行っています。
現在、皆さんができることを考えて見ましょう。

下記、練馬ボランティアセンターのブログに書かれていたことを転記します。

現地に行かず、物資を送らず、今私たちにできること[2011年03月15日(火)]

 今回の震災に関して、ボランティアに行きたいというご希望や、毛布やタオルを送りたいというご連絡をたくさんいただいています。お話を伺うと、多くの方がテレビから目を離せずに、そこで避難所の方たちが寒そうにしていたり「○○が足りない」と言うのを聞いて、いてもたってもいられずにボラセンにご連絡くださるようです。
 寒いと言っている人がいれば暖かいものを、お腹が空いたといっている人がいれば何か食べるものを、自分のできることとしてせめて送りたい…。そう思われるお気持ちは自然だと思います。そして連絡先をわざわざ調べてボラセンまでお電話いただくことに本当に感謝をしています。
ただ、現時点ではボランティアとして現地に行くことも、物資を送ることもお断りをしています。詳しくは昨日のブログをご覧いただきたいのですが、じゃぁ今何ができるの?ということを今日はお伝えしたいと思います。
【○○しないで、できること】

1)被災地の市町村や社会福祉協議会などに問合せの電話をしない
→多くの人が「ボランティアに行きたい」「必要なものは何かある?」と問合せをしているようです。残念なことに、それによって災害ボランティアセンター立ち上げの準備にとりかかれなかったり、被災者の人たちの求めていること(ニーズ)を聞きに出かけられないという状況が起こっています。

2)必要以上にモノを買わない
→スーパーやコンビニの棚ががらんとしている光景をご覧になっていませんか?それを見るとますます「やっぱり買っておかなくちゃ」と不安になって、必要以上に買い込んでしまう…。そんな悪循環が起き始めています。少なくとも東京は物資が十分に届く状況があります。

【耳にタコかもしれませんが・・・】

1)現地ですぐに使えてすぐに役立つプレゼントを贈る
→それが、寄付や募金です。お金のすばらしいところは、送るために道路を使わないばかりか送料もかからないこと。さらに、必要なくなって倉庫で眠る…ということもありません。
いくつか寄付先がまとまったサイトをご案内しますので、ご覧ください。

◆ NPO/NGOの支援活動・募金受入情報(東京ボランティア・市民活動センターまとめ)

◆ 緊急支援活動をしている団体(イーココロ!まとめ)

◆ 災害支援基金への協力のお願い(日本財団まとめ)

◆ ポイントなどでも寄付・募金ができるサイト(MSNまとめ)

2)もう少ししてから、献血する
→献血の呼びかけがあってから、多くの人が協力しているそうです。あまりに多すぎて、受入れ許容量を超えているとの情報も。血液には保存期間がありますので、もう少し時間が経ってからご協力いただけるとありがたいです。

3)東京の底力を見せる
→計画停電のはずが、何度も見送りになっています。これは“計画がずさん”なのではなく、私たちの節電の成果だということです。私はこのニュースを聞いて、東京やるな!と嬉しくなりました。ぜひ無理なくこの節電・節ガソリンを続けられたらと思います。

【まだ4日なんです】

1)情報を集める
→地震が起こってからもうずいぶん時間が経った気がしますが、まだ4日です。被害の状況がどれぐらいなのか、その把握すらままならないのが現状です。これまでに挙げてきたことを含め、一過性ではないサポートが必要になります。情報を集めながら、日常の生活をきちんと送りながら、それでも関心を持ち続けられたらと思います。

2)気持ちと力をためる
→今後、ボランティアの力が必要になる場面が出てくると思います。そのいざ!というときのために気持ちと力を一緒にためませんか?ボラセンとしてできることは他にないのかな…と私たちも考えています。でも今は必要なことを進めながら、充電しています。

みなさんの「なんとかしたい!」という気持ちを本当に嬉しく思っています。
ぜひこんな形でお力を貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
by nene3123 | 2011-03-17 09:35 | 杉並区

図書館

図書館のホームページより

『上映会』 東京大空襲   (高井戸図書館・宮前図書館)
 昭和20年3月10日 史上最大の虐殺
あの惨禍を生み出したのはアメリカ軍の日本焦土作戦だった。
「東京大空襲の爆撃命令書」と記録フィルムが語る日本の運命。
昭和53年3月9日NHK総合テレビにて放送された「東京大空襲」を上映します。

【日 時】      3月10日(木)、3月21日(月) 14時~
【上映時間】    各日1回 49分
【会 場】      高井戸図書館 2階ホール
【定 員】      先着20名(予約不要)  
【お問合せ先】  高井戸図書館 03-3290-3456

【日 時】      3月6日(日)、3月13日(日) 14時~
【上映時間】    各日1回 49分
【会 場】      宮前図書館 3階講座室
【定 員】      先着20名(予約不要)  
【お問合せ先】  宮前図書館 03-3333-5166
[PR]
by nene3123 | 2011-03-03 07:47 | 杉並区

無農薬野菜

e0204745_1431431.gif

杉並区の無農薬野菜農家を見学してきました。
都心の農家の現状と課題についても語られ、
井口さんご本人は無農薬野菜を栽培販売し、野菜ソムリエの資格もお持ちで、ご本人の熱い思いを伺いました。
無農薬にかける強い思いが伝わってきました。
彼は、普通の大学を卒業後、11代続いた農家を継ぐことにしてから、猛勉強し無農薬に踏み切ったそうです。
日本各地に研修・見学に行き、たいへんな勉強家です!!!

都市農家における多面的機能についても、驚きでした。
激減しつつある農家の現状の中で、畑の下に貯水槽を作り、有事の際に消火活動に使っている事。
学校給食に7月・12月に地元農家の野菜を使ってもらう提携をしている。
e0204745_14332337.gif
近くの中学校の引きこもりのクラスの生徒に毎週木曜日、指導をしています。
『最初は心を閉ざしていた生徒達が野菜を育てることにより、社会復帰していく姿をみて、本当にうれしい。』
と語ってくださいました。

井口さんの畑で、1時間、お話を伺え、とても刺激になりました。
ありがとうございました。e0204745_1431503.gif
[PR]
by nene3123 | 2010-12-08 14:12 | 杉並区

戦後の保健所

e0204745_162012.gif

 昭和20年、日本が敗戦すると、日本全土が混乱し、国民のほとんどが栄養失調となり、それにより二次的な感染症(結核など)で命を落とす人が増加しました。

昭和20年に、GHQ覚書「公衆衛生に関する件」(伝染病患者の把握、収容等)、「保健所機能拡充・強化に関する件」(保健所の仕事への指示)が相次いで出されました。066.gif

昭和21年(1946)、日本を占領していた連合軍総司令部(GHQ)は日本国憲法を公布し、翌年、施行されました。
国民の生存権の確立などを契機に、公衆衛生は大きな展開を見せることになりました。
憲法の中に、「すべての国民は、「健康」で文化的な 最低限度の生活を営む権利がある・・・」という条文が盛り込まれました。

昭和22年に新しい保健所法で、保健所は健康相談、保健指導のほか、医箏、薬事、食品衛生、環境衛生等、公衆衛生の第一線機関として飛躍的に発展を遂げることになりました。

昭和22年9月に保健所法が全面改正され、保健所は地方の公衆術生の向上及び増進を図るための保健衛生機関となりました。
昭和23年(1948)連合軍総司令部(GHQ)は、さらに、保健医療分野の体制も、改革しました。

GHQの指導監督のもと、東京都杉並保健所は、「モデル保健所」なりました。
この保健所では、母子保健と、結核の対策などが重視されていました。
戦後の荒廃の中で制定された新「保健所法」に基づき設置された杉並保健所当時の映画が見られます。ご覧ください。戦後の米軍画像や日本の社会状況がご覧になれますよ。

戦後の主な衛生関係法令等のあゆみ
昭和21年(1946)日本国憲法公布、衛生行政組織再編成
昭和22年(1947)(新)保健所法、食品衛生法、労働基準法、児童福祉法制定
昭和23年(1948)予防接種法、優生保護法、性病予防法制定
[PR]
by nene3123 | 2010-10-20 06:01 | 杉並区

杉並区


杉並は原水爆禁止署名運動の発祥の地といわれています。
署名運動は、1954年3月に実施されたビキニ環礁におけるアメリカの水爆実験が発端で起こりました。
水爆実験に反対して5月「水爆禁止署名運動杉並協議会」が結成され、ヒューマニズムの精神につらぬかれた、組織的な水爆禁止署名運動が杉並区から始まりました。
この運動は燎原の火のごとく各地に拡がり、8月には「原水爆禁止署名運動全国協議会」が結成され、原水爆禁止署名運動として全国へ波及しました。
杉並区立公民館の館長室を事務所とした原水爆禁止署名運動は、約1年半後、1955年9月には当初の目的を達成し、実質終了しましたが、この運動によって「杉並」の名が全国に知られることになりました。
杉並区郷土博物館には杉並の水爆禁止署名運動に関する常設展示があり、イタリアの婦人たちからの「美しい旗」などが展示されています。
杉並には全国へ、世界へと、原水爆禁止の声を発信した歴史が、今も息づいています。
杉並区民の誇りです。
また、すぎなみ学倶楽部という杉並区と提携しているホームページに戦争体験者の記事が掲載されています。ご覧ください。 e0204745_16443312.gif
[PR]
by nene3123 | 2010-10-02 20:20 | 杉並区